プラセボ効果とは?

こんにちは!

シータヒーリング・サイエンスの安宮正敏です☆

 

皆さんは「プラセボ効果」と言う言葉をきかれたことはありますか?

プラセボ(偽薬)という、効き目のある成分が何も入っていない薬を服用しても、

患者さん自身が飲んでいる薬は効き目があると思い込む事で、病気の症状が

改善することがあります。これをプラセボ効果と呼んでいます。

プラセボ効果

プラセボ効果

人は誰でも二面性を持っています。

一面はポジティブ思考、もう一面はネガティブ思考です。

これらはいずれも人生を変える大きな力をもっています。

豊かさや成功、健康をもたらしてくれる力と、反対にそれらを遠ざける力です。

ポジティブ思考は成功者の共通項なんですね。

二面性

二面性

何事も明るい面だけをみればうまくいくというものでなく、ネガティブな考え方を

ポジティブな考え方に置き換えるトレーニングも必要になると思います。

まずは自分の中にあるマイナスの感情を紙に書き出すといいですね。

そしてそれをプラスの感情の表現になるように書き換えてみてください。

例えば「失敗するのが怖い」というのであれば「失敗なんてない全ては学びだ」

みたいな感じでいいと思います。

言ってはいけないと分かっていてもつい「嫌だな〜」とか「面倒くさいな〜」という

言葉が出てしまった時は「よかったな〜」とか「ラッキー」という言葉が出てくる

ように口癖をつくってしまうといいですね〜

ラッキー

ラッキー

偽の薬でも、本物だといって服用させることで本物同様の効果を得るプラセボ効果。

これと同じ事で何ですね。

是非試してみて下さい、きっと良い変化が起こってくると思います〜

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ