花粉の時期が終わったのに花粉の症状が・・・

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

花粉症とは?

原因

風とともに飛んで来た花粉が鼻や目の粘膜に付いて起きるアレルギー反応です。

人の体は花粉などの異物(抗原)が体に入って来た時、『異物が入って来たぞ』という情報を受けて花粉にぴったり合う抗体を作り、花粉と結合して体の外に排除する免疫という仕組みを持っています。アレルギーとは『免疫が過剰に起こる』ことで、花粉症の方は花粉の抗体ができやすい体質のため、普通の人では全く反応しない花粉に過剰に反応してしまうのです。

allergy

花粉症の症状や原因物質

花粉と抗体が結合すると鼻や目の粘膜にある細胞(肥満細胞)から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉を出来る限り体外に出そうとします。

そのため、くしゃみで吹き飛ばしたり、鼻水や涙だ洗い流したり、鼻づまりで中に入れないように防御したり、などの症状がでてくるのです。

kahun-img04

主な花粉の時期

花粉症患者の約7割はスギ花粉が原因です。

スギは北海道にはほとんど存在しない為、それ以外の全国で2月〜4月ごろ。

そして、スギ花粉症の方はヒノキの花粉にも反応しやすく3月〜5月中旬ごろまで症状が続く事があります。

 

06_img01

 

 

 

 

010_030

スギ

 

A5D2A5CEA5AD

ヒノキ

その他の花粉

花粉症の大部分を占めるスギ、ヒノキが終わっても夏から秋にかけてイネ科やキク科の植物の花粉があります。

イネ科は5〜8月

キク科のブタクサやヨモギは8〜10月

こうしてみるとほぼ一年中花粉が飛んでいることがわかると思います。冬しか花粉症から解放されないと悩む人がいるのはこのためですね。

image003

ブタクサ

花粉回避の工夫

花粉症用のマスクを付けると花粉が約6分の1に花粉症用眼鏡では花粉が4分の1に減るそうです。

帰宅時には、衣服や髪に付着している花粉をよく払ってから入室し、洗顔、うがいをし、鼻をかむようにするといいですね。

喫煙、ストレス、風邪、過労、睡眠不足、飲み過ぎなども花粉症を悪化させます。

規則正しい生活を心がけましょう。軽い運動なんかもいいですね。

花粉症の人が持ちやすい感情は?

花粉症の多くは春に起こりやすいです。

誕生を象徴するこの時期には、古い喪失がら生じる憂鬱さや、悲しみがあります。

免疫系であるので自分を守る事と何か関係があるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ