紫外線は悪者?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

徐々に暑くなってきましたね〜

Unknown-1

これからの時期、日焼け止めを塗られる方も多いのではないでしょうか?

日焼けが起こる原因は何かわかりますか?

 

紫外線(UV)ですよね。

 

じゃあ、紫外線は悪者なんでしょうか?

紫外線とは?

イメージ的には「紫外線(UV)=悪者」みたいになってる人が多いかと思いますが、いい面も持っているんです。

皮膚に紫外線があたると、骨を作るのにすごく重要な働きをしてくれる「ビタミンD」を生成してくれます。

しかし長時間、大量に浴びると肌に悪影響を及ぼします。

太陽光線

太陽光線には「赤外線」「紫外線」「X線」「ガンマ線」などが含まれています。

さらに、紫外線はその波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」に分けられます。

fig1

 

波長が短いほど身体への影響力が強いのですが、オゾン層にカットされやすくなるため「ガンマ線」「X線」「UVC」は地球上には届きません。

紫外線のうち地上に届くのは「UVA」と「UVB」の2種類です。

f0216597_10121142

 

 

UVB

主に肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。

長時間の日光浴で肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の主な原因となるのがUVBです。

表皮に影響を与え、細胞を損傷して、炎症をおこすので皮膚ガンやシミの原因になります。

日傘を使ったりして、直射日光に当たらないように心がける事だけで、ある程度の防御もできます。

img05125288

UVA

赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヶ月続く、肌が黒くなる日焼け(サンタン)の原因になります。

UVAは波長が長いため、肌の奥の真皮層まで到達し、肌の張りや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作りだす繊維芽細胞に損傷を与えます。

その結果、UVAを浴びた肌は弾力を失い、たるみやシワが引き起こされると考えられています。さらにUVAはメラニン色素の合成を増やしシミが目立つ原因を作ります。

Unknown-2

日焼け止め

よく日焼け止めのクリームの容器などにSPFとかPAなど表示が記載されていますが、いったい何を意味しているかしっていますか?

SPFとは?

SPFとは「Sun Protection Factor」の略です。サンバーンの原因になるUVBを防ぐ指標として使われます。

通常日焼け止めクリームなどを何も塗らないで日光浴などをすると20分前後で肌は赤くなります。その20分を「SPF1」として基準としています。

例えばSPF20の日焼け止めなら20分×20倍で400分、紫外線(UVB)から肌を防ぐ事が出来ます。

SPF50以上は表示しないという決まりがあるので50以上のものには「50+」などの表示が適用されています。

PAとは?

PAとは「Protection grade of UV-A」の略でUVA波を防ぐ指標になります。3段階に分かれていて「+」の数で表示しています。

「PA+」はUVAの防止効果がある

「PA++」はUVAの防止効果がかなりある

「PA+++」はUVAの防止効果が非常にある

2013年の1月から「PA++++」の商品が発売されているので最近ではこちらを表示されているものがUVAの防止効果が一番強いですね。

 

Unknown

SPFとPAの目安

 皮膚の感情

皮膚は内面の現れです。特に肝臓で起こることは皮膚にもでてくるでしょう。

「〜しておけばよかった」「申し訳なかった」「しかたがなかった」などの思考が入っていることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ