炭水化物と糖質はどうちがうの?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

「炭水化物」と「糖質」同じようなものって何となく分かるけど、違いは?って聞かれたら答えるのに悩む事はないですか?

糖質の特徴

糖質とは

糖質は、脂質、タンパク質と並んで3大栄養素の1つで、ご飯やパンなどの穀類に多く含まれ、主にエネルギー源として利用される重要な栄養素です。

ブドウ糖などの『単糖類』、ショ糖やオリゴ糖などの『少糖類』、デンプン、グリコーゲンなどの『多糖類』に分類されます。

糖質の種類

単糖類にはブドウ糖(グルコース)果糖(フルクトース)ガラクトースがあります。

少糖類のうち単糖が2つ結合した糖を二糖類といいます。

ブドウ糖と果糖が結合した二糖類がショ糖(スクロース)、ブドウ糖とガラクトースが結合した二糖類が乳糖(ラクトース)です。

そして、ブドウ糖が2分子結合した二糖類は麦芽糖(マルトース)といいます。

taikei2

糖質食品

ご飯やパン、麺類、いも類などにはデンプンが、砂糖にはショ糖が、果物には果糖とブドウ糖が含まれていてこれらは糖質食品と呼ばれています。

体内での役割

糖質のもっとも重要な役割は、全身の細胞が活動するためのエネルギーの供給です。

消化管で消化酵素によって分解された糖質は、主としてブドウ糖のかたちになって小腸から吸収されます。このブドウ糖はまず肝臓に入り、そこでグリコーゲンとして一定量をストックします。

Unknown

その後、体全体にブドウ糖が配分されインスリンのはたらきによって、細胞内に取り込まれ、エネルギーとして利用されます。体内において、神経系赤血球などは、ブドウ糖のみをエネルギーとして利用します。

筋肉に取り込まれたブドウ糖はグリコーゲンとして蓄えられ、筋肉運動のエネルギーとして利用されます。

img30

脂肪組織では中性脂肪というかたちで蓄えられています。

炭水化物と糖質のちがい

炭水化物は、消化酵素で消化される「糖質」と消化されない「食物繊維」とあわせていいます。消化、吸収されてエネルギー源として利用される糖質とは異なり、食物繊維は非栄養成分と考えられていました。しかし最近、食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにしたり、コレステロールの吸収を減らしたり、大腸がんの予防になるなどの働きがしられています。

images

食物繊維についても今後また詳しくブログにアップしたいと思います〜

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ