なんで夏バテになるの?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

毎日暑くなってきましたよね〜

images-3

これからの時期は「夏バテ」になってしまう人も少なくないと思います。

今日は夏バテの原因や気をつけるといいと思う事を書いてみます。

夏バテについて

夏に起こって、「疲れやすい」「疲れがとれない」「食欲がない」「睡眠不足」などの症状がでる身体の状態を「夏バテ」と呼んでいます。

夏バテの原因は?

一番の原因は、冷房によって室内の温度と屋外の温度の差が大きくなりすぎて、身体の温度調節機能をしている自律神経の働きがうまくいかないためです。

images-2

体温に関しては汗も重要な役割をしています。夏は軽作業でも1日2〜3リットルの汗がでます。尿量が1.5リットルと考えると水分摂取が少ないと汗が出せなくなり体温調節がうまくできなくなります。

そして、寝苦しい熱帯夜のため、睡眠不足で日中の身体のエネルギーも不足してしまします。

栄養素においては、体内で糖質がエネルギーに変わるにはビタミンB1が必要なので、糖質を摂りすぎるとビタミンB1の消費量が増え、欠乏しやすくなります。夏バテの原因の1つとして、甘い清涼飲料水やくだもの等で糖質を多く摂ってしまい、食欲が落ちて食事がおろそかになってしまい、ビタミンB1が足りなくなってエネルギーが作られなくなるためだと考えられています。ビタミンB1を多く含む食材は豚肉類、うなぎ、玄米、ごま、ピーナッツ、豆類などです。

images-4

夏バテ対策は?

  • 室内と外の温度の差を少なくする為にエアコンの温度は少し高めにする
  • 十分な睡眠をとる
  • 水分補給をしっかりする
  • 旬の食材を積極的に取り入れる

トマトやキュウリは水分を多く含み身体を自然に冷やしてくれます。身体を冷やしすぎない為か身体を温める夏野菜としてピーマンやシシトウがあります。オクラなどのネバネバした夏野菜は疲れた胃を保護し、消化吸収を助けてくれます。そして、夏野菜の代表といえるゴーヤにはビタミンCが豊富に含まれています。

夏に限らず旬の食材って身体に本当にいいんですよね。自然の力ってすごいと思います。

images-5

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ