なぜ歳をとると血圧が高くなる?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

高血圧は日本で4000万人以上の患者さんがいると推定されている代表的な生活習慣病です。

数回の受診時血圧測定で、収縮機血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上を示す場合に高血圧と診断されます。

images-9

老化と血圧の関係

人間は歳をとると身体の色んな器官も老化します。血管も老化していきますよね。

もともと血管はやわらかいのですが、コレステロールなどが蓄積し、血管が細くなり、硬くなってしまいます。

ゴム風船で例えると、やわらかい風船なら、空気をどんどん吹き込んでも風船自体が膨らんでいくので、あまり力(圧力)は必要ありませんよんね。

これに対して、硬い風船だとどうでしょうか?空気を入れているのに風船はなかなか膨らみませんよね?硬い風船がイメージしづらいなら自転車のタイヤに空気を入れているところを思い浮かべてみて下さい。硬いものに空気を入れる方が、内部の圧力は強いんです。

この例えで、風船を血管、空気を血液と置き換えてみて下さい。

動脈硬化が起きてしまい血管が硬くなると、血圧が高くなってしまう事がわかりますよね。

Unknown-2    images-7

『歳を取ると血管が老化して硬くなる→血圧が高くなる』

日常生活でのアドバイス

まずは、減塩した食生活を送るのが一番です。食塩にはナトリウムというミネラルが含まれています。生きて行くためには必要な栄養素ですが、過剰に摂取すると高血圧の原因になってしまいます。加工食品を出来る限り控える。インスタントラーメンなどは大量に塩が入っています。外食も塩分が高いので出来る限り自炊する方がいいですね。

カリウム、マグネシウム、カルシウムには塩分と排出し血圧を下げる作用があるため、それらミネラルが豊富に含まれる野菜、果物、牛乳を積極的にとりましょう。

運動すると筋肉に栄養を送る血管が広がって血液の流れがよくなり、血圧が下がります。摂り過ぎたエネルギーが消費され、体脂肪の分解も進みます。

毎日30分程度の軽い散歩からはじめてみましょう。毎日が無理なら1日おきでも、1週間に2〜3日でもいいので、気軽に続けて習慣にることが大切です。

images-8

高血圧とココロの関係

自分が重要であるというこだわりがあり、そのためにすべて自分がやらなければならないと思い込むようになります。宇宙からのサポートを信頼せず、怖れから自分自身を駆り立てています。無価値観を埋め合わせようとして多すぎるほどのゴールを持っているため、フラストレーションや腹立たしさを感じずにはいられません。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ