食事の70%は水分の多い食べ物がいい

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング・サイエンスの安宮正敏です☆

 

みなさんは1日に水をどれくらい飲んでいますか?

水を飲む

水を飲む

 

1ℓですか?

2ℓですか?

それ以上ですか?

 

実は水分を多く含んでいる物をたくさん食べていると、身体があまり水を欲しがらなくなります。

 

1日にたくさんの水を飲んでいる人は身体が必要としている分量の水を食べ物から得ていない為にそうしているんだということです。

 

これらの人達の食事は、『パン、米、肉、魚、乳製品など』が多くなっていて、すぐに喉が渇くようになります。

 

喉が渇く

喉が渇く

水分を奪われた物を食べて水を別に飲むのではなく、水分を多く含む食べ物を食べていれば、のどの渇きはずっと少なくなることがわかると思います。

 

水を飲む場合は出来る限り蒸留水を飲む方がいいんです。

 

ミネラルを多く含んでいる水は人間の身体にとって理想的ではないんです。

 

人間の身体は無機のミネラルを利用する事も、急いで排泄することもできません。

 

なので、これらのミネラルは身体の組織の中でコレステロールとくっ付いて動脈内にプラークのを作ってしまう可能性があります。

プラーク

プラーク

 

 

でも、蒸留水はこのような悪影響を身体には与えません。

 

果物か野菜を食べる時は植物の組織の中で蒸留された水(蒸留水)を飲んでいる事になるんです。

 

もう1つ水に関連することで大切なことは、『食事をしながら水を飲むと、身体を衰弱させる』です。

 

胃の中には食べ物を分解している消化液があり、食べ物と一緒に水を飲むと、これらの消化液を薄めてしまう事になり、食べ物が正しく消化されるのを防いでしまうからです。

 

よく喉が渇く方は、毎日の食事で果物と野菜の食べる量を増やしてみてはいかがでしょうか?

野菜と果物

野菜と果物

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ