食べるコラーゲンの効果は?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です。

若々しいお肌を保つにはコラーゲンが必要だということはほとんどの方がご存知かと思います。コラーゲンの商品も数えきれないくらいたくさん販売されていますよね。

でも実際はコラーゲンのサプリを摂ったらコラーゲンが増えるのでしょうか?この問題は以前からよく話題になっていますよね?でも、その答えも別れるんですよね〜

難しい問題ですが、私の考えを交えて書いてみます〜

images-1

なぜコラーゲンを摂っても効果がないと言われているのか?

これは、体内での消化吸収に理由があります。

経口摂取されたコラーゲンはタンパク質の一種であるので、タンパク質と同じように体内でアミノ酸にまで分解されます。このアミノ酸は体内で生成されるごく普通のもので、不足しているタンパク質の合成に使われます。

images-2

もちろんコラーゲンが不足していればその合成に使われます。つまり、コラーゲンを摂取したところで、そのままの形で吸収されるわけではないんです。

そのため、ドリンクやサプリメントで摂取しても意味がない、普通の食事で充分、っていう理屈になるんです。
collagen01

コラーゲンを摂ると効果ありといえるのは?

「摂取したコラーゲンは体内でアミノ酸に分解される」と言うのは事実です。ではなぜ効果があると言われているのでしょうか?
バラバラに分解されたものの中にはコラーゲンを作る為だけに使われるものがあると言われています。それが「ヒドロキシルプロリン」というアミノ酸です。この成分はコラーゲンの螺旋構造を作るのに必要となるものです。
Unknown
ヒドロキシルプロリンを多く含むコラーゲンを摂るとコラーゲンが増えると言われたりしています。
しかし、実際はヒドロキシルプロリンは、コラーゲンの生合成に再利用される事はなく、尿中へ排泄されるとされています。もし、体内にヒドロキシルプロリンが吸収されたとしても、体内でコラーゲン生合成が亢進されるとは考えにくいです。
低分子コラーゲンだと吸収されやすいと言われていますよね。これについてはよくわからないですが、原点にもどるとコラーゲンを摂ると効果があるかないかって話しでは、アミノ酸に分解されるから効果がないって言っていましたよね?なぜか吸収されるかされないかっていう話に変わってません??
低分子コラーゲンも体内に入るとアミノ酸に分解されるのでは?って思うのですが・・・
私の意見としては今コラーゲンのサプリを飲まれていてすごく効果を実感しているのであれば、それは続けるといいと思います。ただ食事をおろそかにしているのでコラーゲンのサプリでなんとかしようって感じでコラーゲンを摂られているのであれば、毎日の食事のバランスをまず改善すべきなのかなと思います。コラーゲンが作られるにはビタミンCが必要なのでビタミンCをしっかり摂る事が大切なのかなと思います。
images-3
何かよく分からないまとめになってしまいましたが、心・食・動・休のバランスがとれていると肌もよくなると思います〜

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ