身体が求めている水とは?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング・サイエンスの安宮正敏です☆

 

前回のブログで水の重要性について書いてみましたが、今日は身体が求めている水について書いてみます。

 

私達が水を必要とする理由は『身体に滋養を与えること』と『体内の浄化』です。

 

毎日水を1ℓも飲んでいるから大丈夫だと思っている方もいるかもしれませんが、ペットボトルの水を飲んでいるだけでは不十分です。

水を飲む

水を飲む

 

 

「水を飲む」のではなく「水分を摂取する」ことが大切です。

 

それは、水分を多く含む食べ物を摂るということです。

 

地球上にある食べ物で多くの水分を含んでいる食べ物は2つあります。

 

果物野菜です。

果物

果物

 

野菜

野菜

 

 

 

水道やペットボトルの水を飲んでも身体の中の浄化はできません。

 

飲み水は果物や野菜の中に含まれる水分とは違うので、酵素や生命を保つ他の要素を体内には運んでくれないからです。

 

人間の身体が必要とするすべての栄養素、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、アミノ酸、酵素、炭水化物、脂肪酸などは、みんな、果物や野菜の中に含まれています。

 

人間の身体が生きて行く上で必要とされる物は果物と野菜でカバーできてしまいます。

 

そして、果物や野菜に含まれる水分が定期的に与えられると身体の三つのサイクル(摂取、同化、排泄)はどれもすごく円滑に機能するようになります。

 

みなさんは毎日の食事で果物や野菜をどれくらい摂っていますか?

 

一度振り返ってみて下さい。

 

あまり摂っていないと感じる人は毎日少しでもいいので増やしてみてください。

 

きっと何らかの変化を感じるようになると思います。

 

私は毎日、朝食はグリーンスムージーだけしか摂らなくなりました。

グリーンスムージー

グリーンスムージー

 

 

朝食をグリーンスムージーに変えてもう半年ぐらいになります。

 

それまではずっと朝食は食パンを焼いて食べていました。

 

なんと!グリーンスムージーに変えてから体重が減りました〜。

 

グリーンスムージーは本当にオススメですよ。

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ