甘草「リコリス」(Glycyrrhiza glabra)

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

今日は甘草(リコリス)について書いてみます〜

甘草(リコリス)とは?

甘草は中国北部、中央アジア、シベリア、イラン、およびヨーロッパ各地を産地とするマメ科の多年草です。
主に根を乾燥させ、そのまま煮出して甘草湯にしたり、粉末を甘味料として使います。
甘草は砂糖の50倍~80倍の甘みがある植物で、甘み成分には、グリチルリチン、ブドウ糖、ショ糖などが含まれ、日本では醤油の甘味料として使われます。カロリーが低いので、欧米では自然な添加物といわれていて、お菓子やソフトドリンクに使われています。

甘草

甘草

 

甘草

甘草

甘草(リコリス)の効能

甘草は甘い味がして、すごく素晴らしい内分泌系強壮剤で、生殖系にもすぐれた効果があります。特にうつ病に苦しむ人によくみられる副腎疲労の改善に有効的です。実際、人生半ばの危機だとよく言われる状況は、副腎疲労と密接に関係するか、直接に関係していると思われます。数週間か数ヶ月以上使うこおtで副腎を保護し、再活性化してくれるでしょう。甘草は体内の天然ステロイドに機能が似た構造の物質を含んでいます。

呼吸器系の薬としても高く評価されていて、呼吸器系の抗炎症薬として使われます。

効果が高く味もいいので、子供用のハーブ薬のひとつとなっており、気管支炎や咽頭通、咳、消化器系の炎症など多方面の病気に使われます。

呼吸器系疾患

呼吸器系疾患

お勧めの使用法

 甘味があまりにも強いので、他のハーブと一緒に飲むのが理想です。甘草は素晴らしい調和をしてくれるハーブで、各種のハーブを含む調合に加えると、他の刺激の強いハーブの有効性を損なわせることなく、それによって発生する不快症状を緩和してくれます。また、シロップ剤やティーに加えると鎮静作用をプラスしてくれます。
甘草のティー

甘草のティー

注意事項

甘草はむくみを引き起こし、そのため血圧を上げるとする研究結果が報告されていますが、そうしたものの大部分は甘草のエキスや薬剤をもとに行なわれたもので、甘草の植物全体による調合をもとに行なわれたものではありません。けれども、むくみが原因の高血圧症のある人には甘草はお勧めはできません。また心臓の薬剤を飲んでいる人は甘草の使用前にかかりつけの医師に相談して下さい。さらに、血圧の高い子供や腎臓・膀胱疾患を持つ子供、またはステロイド治療を受けている子供には甘草を与えるべきではないでしょう。

このように使用に関しては多くの警告がありますが、甘草は世界で最も広く処方されているハーブのひとつです。甘草は虚弱性の病気に苦しむ身体の弱い人に特に有益です。

 

注意事項

注意事項

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ