消費期限と賞味期限の違いは?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

みなさんは食品を購入するときや、実際購入したものを食べるときに期限は大丈夫かな〜って見るかと思います。そのとき「消費期限」と「賞味期限」の2種類あるのはご存知かと思いますが、どちらも製造業者が期限を設定しています。では、この2つの期限の意味していることってわかりますか?今日はこの2つの違いを書いてみたいと思います。

Unknown-4

消費期限とは?

消費期限とは、定められた方法により保存した場合において、腐敗・変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなる恐れがないと認められる期限を示す年月日を意味している。なお、この期限は容器包装を開封する前のものである。この表示法は品質劣化が起こりやすく、製造後おおむね5日以内で品質が急速に劣化しやすい食品、例えば、食肉、生麺類、弁当、調理パン、惣菜、生菓子類等を対象としている。

Unknown-3syoumikigenn_01

簡単に言うと、その年月日までは「安全に食べられます」という期限を示しています。主に、お弁当やおかずなど、いたみやすい食品につけられます。期限の目安は、つくられた日も含めておおむね5日以内です。

賞味期限とは?

賞味期限とは、定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分可能であると認められる期限を示す年月日を意味している。ただし、当該期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されることがあるものとする。なお、この期限は包装容器を開封する前のものである。この表示法は消費期限の食品に比べ品質が比較的劣化しにくい食品、例えば、卵、スナック菓子、即席めん類、缶詰、マヨネーズ、味噌、牛乳、乳製品等を対象としている。

Unknown-5Unknown-6

簡単にいうとその年月日までは「品質が保たれ、おいしく、安全に食べられます」という期限を示しています。消費期限に比べ、いたみにくい食品につけられます。日付を過ぎると、すぐに食べれなくなる、というわけではありませんが、早いうちに食べましょう。そして、製造日から賞味期限までの期間が3ヶ月を超えるような食品については年月表示でもよいこととなっています。

食べ物を安全においしく食べるには?

消費期限も賞味期限も「袋や容器を開けないで」「書かれた保存方法を守って保存している」場合の安全やおいしさを約束したものです。日付が変わる0時を過ぎたとたんに、食べ物が急にいたんでしまうってことはないと思います。しかし、いくら期限内であっても保存状態がわるかったりすると食べ物がいたんでしまうこともあるかもしれません。特に夏場は注意が必要ですね。

sec01-img09

確かに、期限表示も大切だとは思いますが、やはり見た目やにおい、味などでしっかりチェックをすることも大切だと思います。

出来るだけ買いだめはせずに、いつでも新鮮なものを摂るように心がけるといいですね。気持ちが新鮮になると身体もきっと健康になりますよ〜

Unknown-7

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ