成人男性の3人に1人が肥満!?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング・サイエンス安宮正敏です☆

今日の午前中はセッションのご予約が入っていました〜。セッションが終わって午後からはサロンと部屋の模様替えをしていました。

部屋も片付いてすごくスッキリしました。この勢いて明日は他の所も掃除してキレイにしようと思います〜

マスターとサイエンスの楯やインストラクターの修了証をどこに置こうかとすごく悩んでいました。サロンもそんなに大きくないのでこんな感じで並べてみました〜

マスター&サイエンスの楯

マスター&サイエンスの楯

最近夜は少し涼しくなってきていますね。9月ももうすぐ終わりですもんね〜

美味しい物がいっぱいの食欲の秋も、食べたいものを好きなだけ食べてしまうとカロリーオーバーが気になりますね。

増えている!成人男性の肥満

厚生労働省の健康調査によると、若い女性がダイエットを気にしすぎるあまり「やせすぎ」の傾向にある反面、成人男性の肥満が増えているそうです。食の欧米化や運動不足などが原因で成人男性の肥満率は10年前、20年前と比べると大きく増加していて、肥満である人の割合が3人に1人と最も高い数字を示しているのが40代男性です。

肥満

肥満

中でも「若い頃はスリムだったのに・・・」というタイプで中年期に10kg以上体重増加したケースは健康へのリスクが大きくなるという研究結果もでているそうです。

20歳の頃からの体重変化が心筋梗塞など虚血性心疾患の発症リスクとどう関わっているかを追跡した調査によると、20歳の頃に比較的やせ型であった(BMIという肥満指数が標準値を下回っていた)男性で、中年期になり体重が10kg以上増加したグループでは、あまり体重が変わらなかったグループと比べて、虚血性心疾患の発症リスクが2倍になると報告されています。

BMIとは?

一般的に肥満の定義はBMI(Body mass index)という指標で定義します。

BMI= 体重(kg)/身長(m)× 身長(m)

BMIの計算

BMIの計算

MBIの指標

MBIの指標

 

日本肥満学会では、正常値は18.5以上25未満で、25以上は肥満としています。注意しないといけないのは隠れ肥満と呼ばれる内蔵肥満です。体重は増えていないのに、腹部の内側の脂肪が増えることを意味し、腰のベルトがきつくなったら要注意です。

内蔵肥満(ウエスト周囲が男性85cm、女性90cm以上)は糖尿病や動脈硬化の発症原因となるので、内蔵肥満が疑われる人は食事内容をもう一度考えたり、運動したりするなど日常生活の改善していくことが必要です。

 

運動しましょう!

運動しましょう!

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ