免疫力をあげるには?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング・サイエンスの安宮正敏です☆

前回は免疫について書いてみましたが、今回は免疫力を上げるにはどうしたらよいのかをかいてみたいと思います。

 

免疫力を下げる最大の原因は加齢だと言われています。

加齢による影響が強く現れる場所が胸腺です。胸腺は免疫に大きく影響するT細胞と深い関係があるためです。

胸腺は10歳頃をピークとして後は年をとるとともに縮小していくと言われています。そして次第に脂肪に置き換わっていき、

40歳になるころにはピーク時の約10%の大きさまで小さくなっていて、70歳になるとほとんど残っていないそうです。

そして、加齢による皮膚の水分量の減少も免疫力の低下の原因となっています。

 

やはり冬場は暖房などで部屋がとても乾燥しやすくなっています。

冬に風邪を引きやすくなるのも空気の乾燥による粘膜機能の低下が大きな原因の1つだと言われています。

私の家では毎年冬場は加湿器をたいていますよ〜

加湿器

加湿器

免疫力をあげるには

同一食品の繰り返しは避ける。免疫力向上には栄養のバランスが大切になってきます。

口呼吸よりも鼻呼吸。鼻毛や粘膜をのある空間を通して息を吸う事でウイルスなどが体内へ侵入するのを防ぎます。

鼻呼吸

鼻呼吸

定期的な運動。30分以上の適度な運動を週に三回以上しましょう。

運動

運動

生活習慣の改善。ストレス、タバコ、アルコール、睡眠不足などは免疫力を低下させるのでできるだけ避けましょう。

 

風邪を引きやすいとか、免疫力が気になる方はどれか1つでもいいので実行してみてください☆

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ