中鎖脂肪酸でダイエット?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

中鎖脂肪酸って聞いた事ありますか?中鎖脂肪酸は体脂肪を下げると言われていますがなぜなんでしょう?

脂肪酸

脂肪酸は体内で脂肪として蓄えられいて、主にエネルギー源となったり、細胞膜やホルモンを作る材料になったりと、私達の体にはなくてはならない栄養素です。

しかし、摂りすぎると肥満や生活習慣病の原因となったり、不足すると体の様々な機能に支障がでてきます。健康維持のためには、色々な脂肪酸をバランスよく摂取する事が大切で。

脂肪酸は、脂質を構成する重要な化合物で、主に炭素(C)の長いつながりに、メチル基(-CH3)とカルボキシル基(-COOH)が結合した物を言い、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に区別されます。

images-5

飽和脂肪酸とは構造上に炭素原子の二重結合がないもの、不飽和脂肪酸は二重結合があるものをいいます。

houwa

中鎖脂肪酸

飽和脂肪酸は「長鎖脂肪酸」と「中鎖脂肪酸」と「短鎖脂肪酸」の3種類に分けられます。

一般的な油は分子の鎖が長い「長鎖脂肪酸」から成り立っていますが、「中鎖脂肪酸」は鎖の長さがその約半分の脂肪酸です。

中鎖脂肪酸はココナッツやパームフルーツに多く含まれている天然成分で、牛乳や母乳にも少量ふくまれています。

Unknown-11 Unknown-10

ココナッツ                パームフルーツ

中鎖脂肪酸が体脂肪を減らす理由

一般の食用油には長鎖脂肪酸が多く、長鎖脂肪酸は体内にゆっくり吸収されたあとリンパ管、静脈を通って脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ分解や体内に蓄積されます。そして、必要に応じて分解されエネルギーになります。

それに比べ、中鎖脂肪酸は消化吸収が早くまた、直接肝臓に運ばれ素早く分解されエネルギーとなってしまうので、体に蓄積しないんです。

img10502113973

中鎖脂肪酸の分解時間は長鎖脂肪酸に比べて4倍早いみたいです!

Unknown-9

商品の種類

中鎖脂肪酸は通常は「特定保健用食品」として、スーパーやドラッグストアなどで販売されています。中鎖脂肪酸を約10%ほど含んでいるので、調理油として使用する事で効果が期待できると思います。

医療用では「MTCオイル」という中鎖脂肪酸100%のものが使われていて術後の栄養管理や低栄養患者さんの栄養補給や小児のてんかん治療食などの医療用食品として、長年使用されてきました。

高濃度に中鎖脂肪酸を含んでいるので、肥満や糖尿病などの生活習慣病やメタボリックシンドロームが気になる方にも効果が高いのではないかと思います。

images-5

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ