レッドクローバー(Trifolium pratense)

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

今日はレッドクローバーについて書いてみようと思います。

レッドクローバーとは?

レッドクローバーは、ヨーロッパ、西アジアや北西アフリカを原産とするハーブの一種です。
マメ科シャジクソウ属の植物であり、ムラサキツメクサやアカツメクサという和名でも知られています。レッドクローバーの茎の高さは約30~60cmであり、茎の先に約30~100個の小さな花を咲かせます。花の色が濃い赤紫色をしていることから、「レッドクローバー」と名付けられました。

レッドクローバー

レッドクローバー

 

レッドクローバーの花

レッドクローバーの花

レッドクローバーの葉は3片に分かれており、表面には白い斑状の模様がみられます。中世のイギリスでは、レッドクローバーの3片の葉はそれぞれ「神」「キリスト」「精霊」の三位一体と関連付けられていました。レッドクローバーは低温でも発芽するという性質があり、早春に種まきを行い、初夏~夏にかけて開花し、収穫が行われます。

レッドクローバー3片の葉

レッドクローバー3片の葉

 レッドクローバーの効能

最もよい解毒ハーブで、呼吸器強壮剤のひとつです。特に咳や風邪、気管支炎などの慢性的な肺疾患の軽減に役立ちます。ミネラルを豊富に含み、特にカルシウム、窒素、鉄分の含有量は際立っています。素晴らしい解毒剤または血液浄化剤であり、あらゆる皮膚症状に使われます。抗腫瘍薬としても広く使われています。

レッドクローバーにはイソフラボンという成分が含まれていて、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。イソフラボン
しかし、加齢によってエストロゲンの分泌量は減少してしまいます。特に更年期の女性はエストロゲンの分泌量が低下することによって、様々な不快症状が現れやすいといわれています。レッドクローバーに含まれるイソフラボンが、不足しているエストロゲンを補ってくれます。

お勧めの使用法

レッドクローバーはおいしいティーになります。なかなか治らない呼吸器疾患には、マレインをはじめとした他のハーブとブレンドするといいですね。血液に栄養を与え皮膚症状を改善するためにもティーが役立ちます。嚢胞や筋腫があるときにはティーやチンキ剤がおすすめです。

レッドクローバーのティー

レッドクローバーのティー

注意事項

レッドクローバーは女性ホルモンと似た作用を持つため、女性ホルモンのバランスが崩れやすい妊娠中や授乳中には過剰摂取に注意が必要です。
また、ホルモン剤や抗ガン剤など、婦人科系疾患の医薬品を服用している場合、レッドクローバーを摂取する際には医師への相談が推奨されています。そして、血友病患者さんや血の薄い方は症状が悪化する可能性があるので、レッドクローバーを定期的に使用するのは避けた方がいいでしょう。

 

注意事項

注意事項

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ