レスベラトロールとは?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

レスベラトロールって聞いたことありますか?最近すごく注目されていて、

アンチエイジングや美容にいいと言われてる成分なんです。

レスベラトロールとは?

ぶどうなどに含まれているポリフェノールの一種で若返りの成分とも呼ばれ、化粧品やサプリメントに配合され美容成分としてすごい注目を集めています。

レスベラトロールの効果

老化を防ぐ

レスベラトロールには、老化要因を抑制し寿命を延ばすとされる、長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させる働きがあると言われています。

長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化するには、食事のカロリーを抑える方法がいいということは知られていて、1989年から20年間をかけた研究によりカロリー制限と長寿の関係は立証されました。なのでレスベラトロールの長寿遺伝子の活性化作用で、長生きできることが期待されています。

images-5

 美肌効果

お肌の表面に近いところから表皮、真皮、皮下脂肪組織という3つにわけられます。そして、表皮で起こる細胞の生まれ変わりをターンオーバーといいます。

表皮で生まれた細胞が表面に押し上げられ、最後に垢となってはがれ落ちるまでの期間が約28日間であることが理想的なターンオーバーの周期だといわれています。20歳前後ではこのぐらいの周期みたいです。しかし年齢を重ねる毎に周期がみだれ、40代では40日ぐらいかかると言われています。レスベラトロールはこのターンオーバーを促進し、理想的な周期に近づける働きがあると言われています。

images-6

images-7

細胞を若々しく保つ

人間の体は約60兆個の細胞からできていて、これらの細胞は常に生まれ変わりを行なう事(新陳代謝)で若々しさを保っています。年齢とともに、細胞の生まれ変わる働きが低下し、生まれ変わった新しい細胞の質も徐々に低下してしまいます。これが老化です。

レスベラトロールは、細胞の生まれ変わりを助け、元気で若々しい細胞を作るサポートをする働きがあります。

染色体の末端にテロメアというキャップのようなものが付いていて染色体を保護しています。そして、細胞が分裂するたびにテロメアがどんどん短くなってしまいます。人間の細胞は1個につき50〜60回しか分裂できず、ある一定の長さまでテロメアが短くなってしまうと染色体を保護することができなくなり、細胞が死んでしまうと考えられています。

02_fig01

レスベラトロールはテロメアを保護してくれるため、細胞は質を落とす事なく生まれ変わることができ細胞を若々しく保つ効果があるといえます。

スクリーンショット(2013-06-16 23.46.33)

メタボリックシンドロームを予防する効果

食の欧米化が進み、脂質やタンパク質の摂取が多くなってきています。ししつの摂り過ぎは肥満や動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病の原因にもつながります。

マウスの脂肪細胞にレスベラトロールを与えたところ、脂肪の蓄積を抑える働きが確認され、レスベラトロールによる脂肪代謝の改善が期待されています。

さらに、レスベラトロールには心臓病や糖尿病といった生活習慣病の予防効果があるといわれています。

images-4

レスベラトロールを含む食品は?

  • 赤ワイン
  • ぶどう
  • サンタベリー
  • ピーナツの皮

食品からはなかなかとるのは難しそうなので、サプリを摂るのも1つの方法ですね。

Unknown-2

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ