メタボリック・シンドロームとは?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

最近ではすっかり有名になってしまったメタボリックシンドロームですが、見た目だけでメタボって決めつけていたりしませんか?メタボにもちゃんと診断基準があるんですよ〜

今日はメタボの診断基準も交えて書いてみようかと思います〜

images-5

メタボリック・シンドロームとは?

肥満、高血圧症、脂質異常症、高血糖状態(糖尿病)などの疾患や身体異常が複合した状態を呈しているものを「メタボリック・シンドローム」といいます。その原因としては、内蔵脂肪型肥満、脂質代謝異常、血圧異常などが考えられています。脳卒中や心筋梗塞など重大な生活習慣病を引き起こす危険性が高い「内蔵脂肪症候群」(メタボリック・シンドローム)とその予備軍が、40〜74歳の中高年世代で2000万人近いことが、厚生労働省の調査で分かっています。

fatcity_type

メタボリック・シンドロームの診断基準

日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本動脈硬化学会など8学会が合同で公表した「メタボリック・シンドロームの診断基準」によると

内蔵脂肪蓄積(内蔵脂肪面積100㎠以上)のマーカーとしてウエスト周囲が第一条件になってきます。

男性・・・85cm以上  女性・・・90cm以上

その中で

  1. トリグリセリド値150mg/dl以上 または HDLコレステロール値40mg/dl未満
  2. 最高血圧130mmHg以上 または 最低血圧85mmHg以上
  3. 空腹時血糖110mg/dl以上

要するにウエストが男性85cm以上、女性90cm以上の人でこの3つの項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリック・シンドロームとしています。

images-4

ウエストの正しい測り方

  • 立った姿勢で
  • 息を吐いて
  • へその高さに巻尺を水平に巻いて

測定します。無理にお腹をへこましてはダメですよ〜

images-7

メタボリック・シンドローム対策の重要性

メタボリック・シンドロームの共通の要因として、高血糖、脂質異常、高血圧を呈する病態であり、それぞれが重複した場合は虚血性心疾患、脳血管疾患等の発症リスクが高いため、内蔵脂肪を減少させることでそれらの発症リスクを減らす事ができるという考え方を基本としています。

内蔵脂肪型肥満に起因する糖尿病、脂質異常症、高血圧は予防可能で、発症してしまった後でも血糖、血圧等をコントロールすることにより、心筋梗塞等の心血管疾患、脳梗塞等の脳血管疾患、人工透析を必要とする腎不全などへの進展や重傷化を予防する事は可能であるので、生活習慣の改善がきわめて重要になっています。

images-6

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ