プロバイオティクスとは?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

最近プロバイオティクスとか、プレバイオティクスなどという言葉もよく使われていますよね。少しまとめてみました〜

プロバイオティクスとは?

私達の腸には100兆個もの細菌がいます。そしてまるでお花畑のように腸の壁面を覆って生息していることから腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれています。

住み心地のよい腸内スペースでは善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)と悪玉菌(病原菌や腐敗菌)がいつも激しい生存競争を繰り広げています。一方が増えればもう一方が抑えられるというように全体の数は定まっており、いつも腸の中では陣取り合戦をしている状態をいえます。様々な原因で腸内フローラのバランスが崩れ悪玉菌優勢になると、腸内環境が悪化して体調が崩れたりします。

Unknown

悪玉菌が増えて善玉菌が減って腸内フローラのバランスが崩れたとき、元の正常な腸内フローラに戻してくれるのがプロバイオティクスです。プロバイオティクスは、すごく幅広い分野で人や動物に使用することができ特に、ヨーグルトや乳酸菌飲料などの乳製品や動物用飼料、整腸剤などに利用されています。

origo-yaku

プロバイオティクスに求められる条件

  • 安全であること
  • 人に対して有用であること
  • もともと人の腸内細菌フローラの一員であること
  • 胃液、胆汁に耐えて腸内に到達できること
  • 小腸下部や大腸で増殖可能であること
  • 食品中に有効な菌数を維持でき、安価であること

probiotics

プレバイオティクスとは?

小腸下部や大腸でもともと存在している腸内細菌や、プロバイオティクスとなり得る有用な菌の増殖を促進する物質のことを言います。代表的なものには、オリゴ糖や食物繊維などがあり、消化されずに小腸下部や大腸まで到達して、乳酸菌やビフィズス菌などの絶好の栄養源となります。

tyou-739286

シンバイオティクとは?

特定保健用食品にはプロバイオティクスとしての乳酸菌、プレバイオティクスとしての食物繊維やオリゴ糖などを用いた物も多くおなかの調子を整える食品として許可されています。

また、ビフィズス菌にオリゴ糖などを添加した物のような、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたものはシンバイオティクスと言われ、プロバイオティクスの効果を十分に発揮させようとする食品で、注目されて来ています。

Unknown-1

ちなみに、病院で処方される抗生剤をアンチバイオティクスと言います。よく抗生剤と整腸剤を一緒に処方されることがありますが、抗生剤は悪い菌も殺してくれますが、いい菌も殺してしまうんです。なので、お腹の中のいい菌が減ってバランスが崩れると下痢になったりします。だから一緒に整腸剤が出たりするんです。

あれ??整腸剤を一緒に飲んだところで、それも抗生剤で殺されるのでは?って思った方もいるかと思います。

そうなんです、だから抗生剤と一緒に出される整腸剤は、抗生剤に影響されないようにできているので、抗生剤によって殺されないってことですね。

images

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ