ブラックベリー(Rubus spp)

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

今日はスイーツにもよく使われているブラックベリーについて書いてみようと思います。

ブラックベリーとは?

ブラックベリーは米国中部が原産とされるバラ科キイチゴ属のベリー類で、ラズベリーと同じ木イチゴの仲間です。

ラズベリーと同じように、種を包んだ小さな粒が沢山集まって一つの実になっています。ラズベリーが可愛い赤いをしているのに対し、これは黒々とした実で、その分アントシアニンなどのポリフェノールを沢山含んでいます。

ブラックベリー

ブラックベリー

そして、ビタミンCが多く、酸味が強いのが特徴です。

粒もプリプリで大きくて、食べ応えがあります。

7月下旬~8月中旬が、ブラックベリーの実の収穫期です。

 

ブラックベリーの実

ブラックベリーの実

ブラックベリーの効能

美味しい食べ物として先住民によって長く親しまれてきたブラックベリーは、同時に重要な民間療法でもありました。ビタミンC、タンニン、有機酸、フラボノイド複合体など多くの栄養素が含まれ、効果はそれに由来すると考えられます。果実には穏やかな緩下作用(お腹をゆるくして排便を促す作用)があり、根と葉は下痢や赤痢の効果的な薬になります。葉は、作用が穏やかなので、特にお腹の緩い子供に向いています。

ブラックベリーに含まれる色素には、視力回復効果や抗酸化作用に優れている「アントシアニン」がたくさん含まれています。

「アントシアニン」については以前のブログを参照下さい →こちら

視力回復に

視力回復に

抗酸化作用があるアントシアニンは、ブルーベリーのように多く含まれていると言われています。

また、ビタミンCが多いので、疲労回復効果もあります。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を補助するため、肌を美しく保つためには必要な成分と言われています。また、免疫を高める作用があると考えられていることから、感染症をはじめとする風邪などの予防に役立つと言われています。更に抗酸化物質であることから、癌の抑制にも期待されている成分です。アントシアニンにも同様に抗酸化作用があるため、癌の予防に有用とされます。

お勧めの使用法

パイやジャムやゼリーに入れると、とても美味しいです。味もよくて栄養たっぷりのワインや咳止めシロップにもなります。葉も風味がよく、ラズベリーのような他のRubus種の葉とよくブレンドされます。葉のティーは、軽い下痢をしたりお腹をこわしたりしがちな小さな子供にお勧めです。根にはほとんどのタンニンが含まれ、下痢や赤痢の強力な薬になります。

 

ブラックベリーのパイ

ブラックベリーのパイ

ブラックベリーのジャム

ブラックベリーのジャム

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ