コンドロイチンとグルコサミンは同じもの?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

関節炎と言えば、CMでおなじみのグルコサミンが出てくるかもしれませんね〜。コンドロイチンという言葉も聞いた事はあると思いますが、どちらも関節炎などによくつかわれていますよね。ではグルコサミンとコンドロイチンは同じものなのでしょうか?今日はコンドロイチンとグルコサミンの違いについて書いてみたいと思います。

images-8

コンドロイチンとグルコサミンの違い

コンドロイチン

私達の骨と関節は関節軟骨(骨と骨のクッションの様な働き)によって守られています。

コンドロイチンは血管のない関節軟骨に栄養分を供給したり、関節軟骨を分解する酵素の働きを抑制することで、関節軟骨の維持に役立っています。

鶏の皮、牛・豚・鶏の軟骨、納豆、山芋、オクラなどネバネバしたものやコリコリした食品に多くふくまれています。

images-9

グルコサミン

エビやカニのような「甲殻類」の殻に多く含まれている成分です。

グルコサミンは直接軟骨の再生を促す効果があります。

そして、グルコサミンはコンドロイチンの構成成分、つまり原料のようなものであり、グルコサミンがコンドロイチンへと変化して行きます。このように、全く関係のないものではないんですけど、全く同じでもないんです。

images-13

関節炎に本当に効果があるのか?

ドラックストアなどでもこの種類のサプリなどが多く販売されていますが、「推奨派と否定派」に分かれると思います。やはり、個人差もあるので同じ商品でも効いたという人もいれば、効かなかったという人もいると思います。

そして、医薬品と健康食品との違いも出てくるかと思います。医薬品として販売されているものは色んな試験に合格してきていますが、特保などの健康食品以外の場合は製造メーカーに任せています。あくまで食品っていう考えなんです。

私は現在、調剤薬局で勤務していますが昔ドラックストアで勤務したこともありました。その時から比べるとサプリもいいものが出てるとおもいますが、医薬品として販売されている商品の方は効果があったということを購入された方からお聞きしたことがあります。

「コンドロイチンが関節に作用する」という事を明らかにした科学的検証データも多数公表されているので、一度試してみる価値はあるかもしれませんね。

膝の問題とココロの関係

膝は決断、カリスマ、コミットメントを表します。膝に問題がある時は、決断を下すことが難しく、弱腰になり、新しいやり方で前に進むのが困難と感じている表れです。

images-12

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ