クエン酸のすごいパワー!

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

今の時期、梅がたくさんお店にならんでいますね〜

梅には酸っぱさのもとになる「クエン酸」が多く含まれています。

クエン酸とは?

梅や酢、レモンなどに含まれる酸味成分の一種で古くから疲労回復に良いとして親しまれてきました。そして、クエン酸は人間の体内において摂取した食べ物をエネルギーに変えるのに欠かせない成分です。このエネルギーは人間が生きて行くのに必要不可欠で、エネルギーを作りだすことができないと生きていけません。このエネルギーをつくり出す仕組みをクエン酸回路とよびます。

images-2

クエン酸の効果

エネルギーを作りだす

クエン酸は細胞の中のミトコンドリアというところでクエン酸回路を経てエネルギーを作りだします。不規則な食生活でクエン酸回路の働きが鈍くなると、エネルギーがうまく作りだせない状態となるため、摂取した糖や脂質、タンパク質が燃焼されなくなって代謝が悪い状態になってしまいます。なのでクエン酸を外から摂取することによって、クエン酸回路が活性化されエネルギーを効率よく作りだしてくれます。

images-5

疲労回復

クエン酸は疲労物質である乳酸を分解し疲労回復を早める働きがあります。その他、肩こり、腰痛、の予防や二日酔いの予防効果も期待できます。

Unknown

ミネラルの吸収を良くする

体に吸収されにくいといわれている鉄やカルシウムはクエン酸と一緒に摂取することでクエン酸がミネラルを包み込んで結合し、その吸収を助ける働きがあるため、ミネラルの吸収が良くなると言われています。これはキレート作用と呼ばれ、イワシを梅干しで煮るのはこのためなんですね。

images-4

痛風に対する効果

痛風は尿酸値が上がることによって起こります。尿酸は尿に溶けて体外に排泄されるのですが、弱酸性の尿の方が尿酸が溶けやすいんです。クエン酸は強酸性の尿を弱酸性に中和するという働きがあります。そうすることによって、尿酸が尿に溶けて体外に排出されやすくなり、尿酸値が下がるということなんですね。

images-3

殺菌・防臭作用

クエン酸には殺菌・防臭作用もあるので腐敗防止や食中毒予防にもつながります。食中毒が気になるこれからの季節のお弁当には梅干しを入れるといいかもしれませんね。

child_ha07

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ