アミノ酸って何?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

『アミノ酸』って言葉はよく聞きますよね〜。アミノ酸ダイエットもブームになりましたよね〜

今日はアミノ酸についてかいてみたいと思います。

アミノ酸とは?

一言で言えばタンパク質を作っている最小の成分です。自然界には約500種類のアミノ酸がありますが、身体を作るタンパク質は20種類のアミノ酸からつくられます。これらがくみ合わさって身体の様々な組織が出来上がります。私達の健康な身体、キレイな肌や、髪でいられるのも、実はアミノ酸のおかげなんです。

そして、20種類のうち9種類は体内で合成できないので食事から摂取しなければならない必須アミノ酸です。

必須アミノ酸

9種類ありますが、これは覚えておくといいかもしれません。

『ふ・と・り・め・ひ・ろ・い・ば・す』(太り目広いバス)で覚えると覚えやすいですよ。

昔、薬剤師の国家試験の勉強では、こんな風に語呂合わせで色々覚えてましたよ〜(笑)

ェニルアラニン

images

リプトファン

ジン

チオニン

スチジン

イシン

ソロイシン

リン

レオニン

アミノ酸はバランスが大切

食品には、必須アミノ酸をバランスよく含むもの(卵、牛乳など)と、一部の必須アミノ酸を少量しか含まないもの(植物性タンパク質など)があることが知られています。

「アミノ酸の桶」という理論がよく知られていて、必須アミノ酸のうち1つでも不足してるものがあると、それが制限になり、摂取したタンパク質が効率よく利用されないと考えられています。

スポーツする人にはなぜBCAAが必要なの?

必須アミノ酸の中でもバリン、ロイシン、イソロイシンのことを総称してBCAAと呼んでいます。

運動により疲労した筋肉の回復には、アミノ酸の補給が必要なんですが、なぜだかわかりますか?

筋肉の組織は、アクチンとミオシンというタンパク質でできています。そのアクチンとミオシンの主成分がバリン、ロイシン、イソロイシン(=BCAA)なんです。

このBCAAは筋タンパク質の分解を抑制して筋肉の損傷を軽減してくれます。そして、代謝を活発にするはたらきもあるため、筋肉が修復されて疲労も回復されます。

Unknown

 

次回はアミノ酸とダイエットの関係について書いてみたいと思います。

お楽しみに〜

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ