なぜ禁煙はむずかしい?

こんにちは!

薬剤師シータヒーリング認定インストラクター安宮正敏です☆

禁煙ってきくとむずかしい、大変、無理っていうイメージが強いと思うんですが、なぜ禁煙ってこんなに大変なんでしょうね?

images-2

これからタバコをすい続けるとこによってかかるお金を計算すると莫大な金額になります。

ちょっと計算してみたんですけど、ビックリでしたよ。

例えば、1箱410円のタバコを1日20本、毎日吸ったとすると、50年ではどれくらいかかるか想像できますか?

 

1年で 約  149,650

5年で 約  748,250

10年で 約 1496,500

20年で 約 2993,000

30年で 約 4,489,500

40年で 約 5,986,000

50年で 約 7,482,500

 

こんなにお金がかかるんですよ。何か色んな事に使えそうですよね。

分かっているけどなかなかやめれないのはなぜでしょう?

タバコをやめられない2つの依存

タバコをやめられないのは2つの依存が原因だと言われています。

身体的依存(ニコチン依存)

タバコを吸うと、ニコチンが肺から血液に入りすぐ脳に到達します。するとドバミンという快感を生じさせる物質を放出されます。そして、またもう一度タバコを吸いたいという欲求が生じ、その結果次の1本を吸って快楽を得ても、更に次の一本を吸いたくなるという欲求が繰り返されて、やめられなくなる症状のことです。

ニコチンが体内からなくなると

  • タバコが吸いたい
  • イライラ、落ち着かない
  • 不安、落ち着かない、集中できない
  • 寝付きが悪い

などの症状があらわれます。

htpic03

心理的依存(習慣依存)

仕事の区切りの喫煙、食後の喫煙や飲酒時の喫煙など、生活習慣の一部になっている喫煙癖のことです。

これらの2つの大きな依存があるのでなかなか禁煙ってむずかしいんだと思います。

禁煙補助剤

ニコチン置換療法

禁煙による禁断症状である禁煙時のイライラや集中力低下、不安、落ち着かないなどの症状の緩和に有効な方法とされています。

ニコチン置換療法はタバコに含まれるニコチンを喫煙以外の方法で置換し、イライラや集中力低下、不安、落ち着かないなどの症状を軽減させながらまず生活習慣を改善します。その後置換されたニコチンの摂取量を徐々に減らして禁煙に導く療法です。

images-3

禁煙とシータヒーリング

心理的依存とは習慣になっていることです。習慣というと無意識にやっていることが多いと思いますが、無意識ということは潜在意識が大きく関わっています。

シータヒーリングで思考パターンを変化させると、もっと禁煙がやりやすくなると思います。

禁煙でお困りの方は yasumiya@roots-create.com までご連絡ください。

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ