酵母菌(カンジダ菌)について

こんにちは!

シータヒーリング・サイエンスの安宮正敏です☆

 

酵母やイーストは真菌類の総称として使われています。

酵母菌は、アルコールを発酵してくれているのですが

その為副次的生産物としてアセトアルデヒドという物質を産生します。

酵母菌

酵母菌

 

このアセトアルデヒドは、二日酔いの犯人だと考えられています。

吐き気や呼吸促迫、心悸亢進などを起こす有害物質なんですね。

そして、体内で分解されないアセトアルデヒドはそのまま体内に留まり、

最終的に毒性を持つようになります。

これを分解する為にモリブデンを少量摂るといいと言われています。

二日酔い

二日酔い

 

みなさんも聞かれたことがあるかなと思いますがカンジダ菌なんですけど、

これも真菌の仲間になるので、カビやキノコの仲間ということになります。

その為、カンジダ菌はイースト菌とか、酵母菌とも言われたりします。

カンジダ菌は実はどこにでもいる菌で私達の腸にもいるんですよ〜

でも私達の免疫力が低下してしまうとカンジダ菌が異常に増えてしまい、

カンジダ菌感染症になってしまいます。

有名なのが女性の膣カンジダや、口腔内カンジダ菌感染症です。

腸や、副鼻腔に影響したりもします。

そして、カンジダ菌は砂糖が大好きなので糖分を要求します。

糖は体内で酵母菌が生存の為に必要なんです。

だから糖分の過剰摂取はカンジダ菌の異常増殖を引き起こしてしまします。

糖の過剰摂取も怖いですね〜。

また、抗生物質も酵母菌(カンジダ菌)感染の原因になります。

酵母菌は真菌類なので、憤りの問題との関係が強いです。

自分自身や他人に対して批判的すぎたり憤りを感じすぎたりすると問題が起こります。

批判的

批判的

 

やはり憤りの問題をクリアにしないといけないですね。

そして、アルカリ性食品が酵母菌の制御によく効きます。

体が酸性に傾いている方は弱アルカリ性にして下さいね☆

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ