応用セミナー修了しました。

こんにちは!

シータヒーリング・サイエンスの安宮正敏です☆

 

応用DNAセミナーが修了いたしました〜

応用セミナーでは初日に大量の感覚感情の呼び覚ましがあり、

毎回みなさん眠気と格闘しております(笑)

途中何回も休憩を挟みながら進めて行きました。

寝てしまうと意味が無くなっちゃうのでその辺りは

受講生さん達の状態をみながらやっております(笑)

 

シータヒーリングをご存知でない方はなぜ眠くなるの?

と思われるかもしれませんが、それはシータ波という脳波

が影響しています。インストラクターがシータ波になることで

受講生さん達も同調して同じようにシータ波になるからです。

シータ波は夢を見ているときの脳波とも言われているので、

そりゃ眠くなって当然なんです〜。

みんなでランチ〜

みんなでランチ〜

 

思い込みへの働きかけのペアワークにおいても

セッションの流れがとてもよくなりましたね。

そして、掘り下げも上手にできていたのでどんどんレベルアップ

されていってるのを実感致しました。

 

受講生さんたちが三日間でどんどん輝いていかれるのをみていると

本当にうれしく思いました。

 

体調が優れないとおっしゃっていた受講生さんも3日目にはとても

体調がよくなりここ何年もの間でこんなに調子がいいのは久々だと

いうぐらいでした。

 

受講生さんから応用セミナーの感想をいただきました〜

(全てご本人様から了承を得て掲載させて頂いております)

 

基礎セミナーの時点ではあまり感じられなかった、第七層へ繋がる

感覚がわかるようになりました。

主人と一緒に参加させて頂きましたが主人の表情や口調がとても

穏やかになり、嬉しさと共にびっくりしております。

これからもまだまだ勉強して頑張っていきたいです。

ありがとうございました。

(T.I様 女性)

 

インストラクター安宮よりT.I様に一言

どんどん感情を解放されてどんどん自分らしさをとりもどされて

いますね。セッションのレベルも格段にアップしていますので、

これからもコツコツと練習して磨いて行って下さい。

 

 

基礎の時から応用DNAを受けると変わると言われていましたが、

今終了して本当に何かが変わったような気がしています。

シータヒーリングに出会い、新たな価値観が私の中で生まれました。

元来せっかちで何でもスピード感が必要と思って生きてきましたが

何だか落ち着きを取り戻せるようになってると思います。

そして、今まで人間が自分の意志でどうすることも出来なくて

諦めていたものが創造主に繋がることで可能になる・・・

創造主はずっとこんな日が来るのを望んでいたと、創造主の愛を

しみじみ感じます。本当に人間が霊性に目覚める時代が来たのだと

感動しています。

安宮先生の丁寧な優しいご指導によりこんな私でも何とか落ち込む

ことなく終了できました。

ありがとうございました。

この先もシータヒーリングのセミナーを続けて受けていきます!

(M.Y様 女性)

 

インストラクター安宮よりM.Y様へ一言

基礎セミナーの時は体調もすぐれずセミナーを受講するだけで

精一杯という感じでしたが、応用セミナーが始まってからは

これまでのM.Y様とは見違える程エネルギーがアップされていました。

本当にうれしく思います。

最終日のセッションでの掘り下げはとってもよかったです。

自信を持ってこれからも学んで行って下さい☆

 

 

基礎セミナーから1ヶ月ちょっとで応用DNAセミナーを受講させて

頂いたのですが、あまり創造主に繋がる事が上達できていなかった

のですが安宮先生よりアドバイスを頂いて今回受講させて頂く事に

しました。先生よりかなりのダウンロードをして頂いた為でしょうか、

今までとは違い、くよくよしなくなりました。

又、その為か性格も明るくなったように感じます。

こんなに早く結果がでるとは自分でも驚きです。

安宮先生、本当にありがとうございました。

(Y.Y様 男性)

 

インストラクター安宮より一言

はじめは上手く行かない事もあったと思いますが、応用最終日には

しっかりとビジョンが見え始めてきて、ご自身でもビックリされて

いましたよね。確実にレベルアップされていますので安心して毎日

のお伝えしている課題を練習してください。

Y.Y様自身の軸ができてきた感じがします。

これからも楽しんでシータの練習をしてくださいね。

 

応用DNAセミナー修了☆

応用DNAセミナー修了☆

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ