基礎セミナーの感想頂きました〜

こんにちは!

シータヒーリング・サイエンスの安宮正敏です☆

 

シータヒーリングの基礎DNAセミナーを受講された方から

頂いた貴重な感想を紹介いたします。

(ご本人様から了承を得て掲載しています)

DNA

DNA

 

(M.T 女性)

ちょっとだけかじってみよと思って受けてみたのですが、

どんどん面白くなっていって、応用ももっと他のものも受けて

みたいという気になりました。

自分をプラス思考に変えたいという願いはこの3日間で叶ったような

気がします。

そして、他の人の相談も受けてみたいと思うようになりました。

初めは自分には霊感も全くないし占いなどが好きなだけで、何の力も

ないと思って、自分にできるのかな?すごい変な世界だけどついて

行けるのかな?と思いましたが、丁寧に先生が教えて下さったおかけで

少しずつ分かってきて、自分でもできるようになりました。

今は、これからの生活が楽しみに思えます。

自分に自信を持って夢をリアルに描いて突き進んで行こうと思います。

一緒に受けた人達とも仲良くなれたし、お互い全く知らない同士なのに

深い話までつい入り込んで3日だけでいっぱい知り合えました。

それも含めて楽しかったです。

ありがとうございました。

 

 

インストラクター安宮からM.T様へ一言

顔の表情がセミナー初日と3日間のセミナー後では全然違っていましたよ〜

とっても輝いていたのが印象的です☆

セミナー中では、初めの頃は疑いも多い感じでしたが、3日目の

ペアワークの時は堂々と「〜が観えました」と言っているのを観て

とても成長を感じました。

自分に自信をもってどんどん練習してください。

もっともっとシータヒーリングを使いこなせるようになると思います☆

 

 

私達の今の現状は私達の内面(心)を反映しています。

そんなはずはない、今の現状が悪いのは会社が悪い、あるいは

上司悪いからだと思っているかもしれませんが、

その会社に入ると決めたのは私達自身が決めた事ですよね。

やはり、今のこの現状は私達が全て選択した結果なんです。

もし、今の自分の人生に不満があって、変えて行きたい、

もっと良くして行きたい!と思っているなら、

内面(心)を変えて行かないといけないのです。

シータヒーリングでは自分の内面からの気付きがとても大きく、

今の自分には必要でない思い込み(思考パターン)を解放して、

健全な思考パターンと置き換えることが可能です。

 

その仕組みや理論を説明会で詳しく説明しています。

興味あるか方、一度実際どんなものか体験してみませんか?

次回シータヒーリング説明会&体験会

『シータヒーリング』で能力開発ができたり、自分の可能性を無限大にする理論や

スキルを分かりやすく、楽しくお伝えしています。

マインドブロックを見つけて解除する体験セッション付き☆

セッション風景
セッション風景

 

 

6月1日(日)に午前の部と午後の部と夜の部の3回に分けて開催いたします。

ご都合のよい時間帯にお申し込みください☆

【午前の部】2014年6月1日(日)10:00〜12:00

(午前の部の受付は9:45〜)

【午後の部】2014年6月1日(日)14:00〜16:00

(午後の部の受付は13:45〜)

【夜の部】 2014年6月1日(日)18:00〜20:00

(夜の部の受付は17:45〜)

 

 

6月15日(日)に午前の部と午後の部と夜の部の3回に分けて開催いたします。
ご都合のよい時間帯にお申し込みください☆

【午前の部】2014年6月15日(日)10:00〜12:00

(午前の部の受付は9:45〜)

【午後の部】2014年6月15日(日)14:00〜16:00

(午後の部の受付は13:45〜)

【夜の部】 2014年6月15日(日)18:00〜20:00

(夜の部の受付は17:45〜)

【場所】大阪府堺市の『Roots Create』 JR阪和線『鳳駅』から徒歩2分 地図

【定員】4名(予約制、先着順)

【料金】1000円

 

持ち物:筆記用具、メモorノート、お好きなお飲物

 

対象者:シータヒーリングのセミナー未受講者で13歳以上の男女

お申し込み、お問い合わせ

yasumiya@roots-create.com  までお気軽にお問い合わせください。

シータヒーリングサロンRoots Create
シータヒーリングサロンRoots Create

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ